2.通信販売の歴史を尋ねて1

皆さんは通信販売に関心をお持ちでしょうか。そしてまた実際に、この通信販売で何か商品を購入したことが有りますか。もしかしたら現在これを御覧の皆さんの中にも、この通信販売をよく利用されているという方がいらっしゃるかもしれません。この通信販売を利用することが、すっかり生活の一部分になっている、という方もいらっしゃることでしょう。
現在かくもたくさん有る通信販売ですが、もっとも通信販売だけではなく、現在は様々な商品の販売形態、及び購買の方法が有ります。勿論ここで紹介していく通信販売も、現在は私達の社会にもうすっかり定着し、そしてお馴染みになっていると言えます。現在これを御覧の皆さんの中にも、この通信販売を利用されたことが有って、そして常日頃通信販売をよく利用していて、現在はすっかり通信販売のことは熟知している、という方も少なくないかと思います。そして定期的に通信販売のカタログやテレビ番組等をチェックしつつ、通信販売がすっかり生活の一部分になっている、という方もいることでしょう。ここではそんな通信販売に焦点を当てて紹介していきます。皆さんにもこの機会にこれを御覧になって是非とも通信販売に対して理解を深めていただきたい、と思います。
ところでこの通信販売には一体どのくらいの歴史が有るのでしょうか。一体何時から私達の生活にこの通信販売が定着したのでしょうか。皆さんはそんな通信販売の歴史については御存知でしょうか。どんなものにも歴史が有ります。まずは通信販売の歴史について振り返って見てみることにします。
まずはクイズのようにこの通信販売の起源について提示してみましょう。皆さんは通信販売の起源が何時で、そして何処だか御存知でしょうか。通信販売の起源について皆さんもちょっと考えてみてください。
通信販売の期限は19世紀のアメリカに遡ります。通信販売については、アメリカ合衆国で19世紀後半頃に、地方の農民達を対象としたカタログ販売の開始が起源である、とされています。というのもこの頃には、鉄道網や郵便網の拡充が進んでいました。従って通信販売が誕生して発展していく下地ができていたのです。19世紀末期になってからは、シアーズ等大手のカタログ販売小売業者も設立されました。現在に至っては多くの通信販売業者が通信販売によるサービスを行なっていますが、そんな今日のようなカタログ販売の基礎がこの時代に作られたのです。

以上が世界における通信販売の始まりです。それでは日本ではどうでしょうか。日本で通信販売が始まったのは何時でしょうか。皆さんは御存知でしょうか。日本では津田仙という人が自ら創刊した「農学雑誌」という雑誌によって、1876年(明治9年)に始めたのが通信販売の最初であると言われています。それではそのときに通信販売の商品として販売されたのは何だったのでしょうか。皆さんはこの日本最初の通信販売の商品が何か御存知でしょうか。これは「農学雑誌」というくらいですから、農業と関係が有ります。日本最初の通信販売の商品、それはアメリカ産トウモロコシの種でした。これが日本における最初の通信販売の商品でした。